弁護士は何故専門分野以外は担当しないのか

弁護士に相談する場合には、その人の専門分野を良く確認してから依頼する方が良いとか、或いは専門分野以外の相談は受けないので注意する必要があるという話を良く聞きます。


その専門分野とは離婚問題、交通事故の慰謝料問題、遺産相続等様々ですが、その殆どが専門の法律が有るわけではなく民法の上で規定されているものが多いのです。

すなわち同じ法律上で判断されることなのですが、なぜ弁護士は専門分野以外は担当したがらないのでしょうか。

その理由は、法律の解釈範囲の広さにあります。法律はあくまでも基本的な事柄を記載しているだけで、個々の詳細の事柄に関して記載しているわけではありません。
その為、直面する問題についてその解釈を行うためには多くの経験が必要です。

法律の相談に関するお役立ち情報サイトです。

さらに、裁判に至る場合には裁判官は同様の判例に基づいた決定を行うことが多いため、その判例を記憶しておくことも重要なポイントになります。

弁護士の無料相談を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

その為様々な問題に対応しようとするとそれぞれの問題により同じ法律の解釈が異なり、混乱してしまうことが多いものです。


さらに、出来るだけたくさんの案件をこなすことでその問題の解決方法に関し的確な解釈や判断が出来る様になるものです。

弁護士の仕事は法律のプロとして相談された問題に関し的確な答えを導くことが大切で、また依頼人も弁護士の判断は常に正確であることを期待しているので高い費用を支払っているものです。



その為、多くの弁護士は担当する案件を絞り込みその分野に関する法律の解釈に特化している人が多い事から、専門分野以外は担当しない場合が多いのです。